Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

きのこ水の作り方

きのこ水の作り方

材料

黒砂糖きのこ     100グラム
黒砂糖   30グラム
ミネラルウォーター   1リットル

  黒砂糖きのこの菌体は市販はされていませんので、されている
  方から譲って頂くか、こちらからご購入ください。

用意するもの

ガラスビン(梅酒などをつける容器)
ざる(プラスチック製)
お玉
ボウル
キッチンペーパー
輪ゴム

育て方

1.黒砂糖きのこをボウルに入れた水道水で2~3回かるく洗い、
  ザルにあげ水を切ります。

2.広口ビンに水を入れ黒砂糖を溶かします。

3.黒砂糖きのこの菌体を入れかるく混ぜ、キッチンペーパーで蓋
  をして虫やほこりが入らないようにします。

4.常温で明るい所に置きます。
  時折、プクプクと泡が出たり、数個の菌体が浮き上がってきた
  りしますが、それは元気に育っている証拠です

画像の説明

5.24時間から36時間を目安に培養します。
  黒っぽかった色がだんだんと琥珀色に変わってきます。
  長く培養すると酸味がきつくなってきます。  

画像の説明

6.培養が終わるとザルで濾します。
  黒砂糖きのこは2倍ほどに増えます。
  これできのこ水の出来上がりです!
  

保存

  出来上がったきのこ水はペットボトルなどに入れ冷蔵庫で保存
  してください。きのこ水でも少し発酵しますのでキャップはゆ
  るく締めてください。

  培養を続けていくと黒砂糖きのこがどんどん増えてきます。
  培養を休むときは、きのこをよく水道水で洗い密閉しないで
  冷蔵庫で保存します。再び培養を始めると2~3日で元気を取
  り戻します。
 
  増えたきのこはそのままヨーグルトなどに混ぜて食べたり、
  黒砂糖きのこパウダーにして飲んだりしてください。
  パウダーは水で溶けやすいので楽に飲めます。

画像の説明

  パウダーにするには網戸ネットなどを利用し天日でカラカラに
  なるまで干すだけです。生のきのこ約800グラムを干して
  100グラム程度になります。それをミルサーで粉末にします
  ので保存がききます。
a:22307 t:4 y:20

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional